page.TR-1/03
内容更新日:2002.10.18.
レイアウト更新日 : 2016.04.24.


Back | Index | Next
Y.検討に用いた仮データと、選出(一次)された翼型の正式な名称
(検討時名称) (正式名称)
BX−3 120614
BX−3 130614
BX−3 140614


Bw 3−0614★

BX−3 120616
BX−3 130616
BX−3 140616


Bw 3−0616

BX−3 120618
BX−3 130618
BX−3 140618
   
BX−3 120620
BX−3 130620
BX−3 140620


Bw 3−0620−L★ (下面一部修正)

BX−3 120814
BX−3 120816
BX−3 120818
BX−3 120820



Bw 3−0814★
Bw 3−0816
Bw 3−0818
Bw 3−0820
BX−3 121014
BX−3 121016


Bw 3−1016★
BX−3 120000
BX−3 130000
BX−3 140000



BX−3A 120614
BX−3A 120814
BX−3A 120820
BX−3A 120520
BX−3A 120414




Bw 3A0614★
Bw 3A0814
Bw 3A0820
Bw 3A0520
Bw 3A0414★
BX−3A 120000    
NACA a=0.2 キャンバー曲線
NACA a=0.3 キャンバー曲線
NACA a=0.4 キャンバー曲線
   

Z.検討結果
 Y.に示す通り、(正式名称)に記された翼型を使用に耐え得る翼型として選定する。うち、★印のあるものを、後に紹介する。なお、選定された翼型中に[B]タイプ・[C]タイプが含まれないのは最大肉厚を後方にずらすことにより後半のふくらみが不自然となるためで、NACA 6シリーズ翼のように後半の肉厚を思い切って削る方法を考えなければならない事を示している。