page.03-0036
内容更新日:2014.04.17.
レイアウト更新日 : 2016.04.24.

20th サマーキャンプ (2)



ラスト・ファイアー
感動のあのシーンを、音でどうぞ! ( .mp3 ファイルです)
record 1
[ 862 kB ]
班出しで歌われた曲(ジュディ・オングの”魅せられて”替歌)です。多くの班のテントが雨に流されました。
record 2
[ 1,334 kB ]
班出しで歌われた、20thテーマの替歌。即、アンコールがかかりました。これはアンコールを録音したものです。
record 3
[ 1,996 kB ]
「掛け声は絶対にかけないで下さい。」というステージの指示で始まった”団結踊り”。長いので途中省略してありますが、酋長が掛け声を掛け、蛮カラの気合が雰囲気を引っ張ります。霧雨の中、インディアンに扮した実行委員たちは傾斜した土の上で足を取られ、大変でした。
record 4
[ 2,915 kB ]
800人の歌声!!毎日の雨で思うように歌えなくて、ステージが終わってもロウソクの小さい火をともしたまま帰るに帰れず、どこからともなく湧き上がった歌声。最初はファイアーの輪の中で録音していたのですが、後半はこの雰囲気をとりたくて輪から離れた所にカセットを置きました。このキャンプに参加した800人の思いが、全てここに集約されています。実は霧の中のキャンドル・サービスもこの歌声も、実行委の心のこもった企みだったとか。その演出に、感謝!

別れの時



記念撮影。
誰だ!後から押したヤツは!




特にまとまり良かった班でもなかったような…。
でも、思わずピラミッドを作ってしまいました。
今思えば、これが全てを表わしていたのかも。


サマーキャンプ・ Index へ戻る