空撮機設計製作日記 page 01

page.06-0005
内容更新日:2006.07.18.
レイアウト更新日 : 2016.04.24.

Index
page 02

設計要求
使用目的:ビデオカメラ等による空撮

設計要求:

  [運用]

・ビデオカメラ Victor GV-MC100 (1,000,000 pixel)もしくは
 SONY TRV96K (200,000 pixel)を搭載できること。
  (ビデオカメラの場合は、カメラ操作のリモコン化は考慮しない。
   但し、シャッターカメラの場合はリモコン機構のスペースがあること。)

・グライダーで設計を開始するが、将来e/g搭載を考慮。

・カメラ以外に各種測定機器(飛行速度、G等の記録、又は送信)搭載を
 考慮。各種測定機器搭載の場合はカメラは搭載できなくてもよい。
  (カメラも複数種あり、カメラ機器ごとに胴体ユニット交換方式が望ましい。)

ペイロード実測値:
  Victor GV-MC100 = 0.310 kg 媒体(ハードディスク)・バッテリー含む
  SONY TRV96K = 0.990 kg 媒体(Hi8テープ)・バッテリー含む
  [サイズ]

・分割で1m×1mのサイズに収まること。但し翼のみの場合は1.5m
 以内とする。
  [空力性能]

・飛行速度は、現用機・翼 No.9 (翼型 FH-11/11t) 程度。着陸時は
 フラップ使用で現用機・翼 No.5 (翼型 FH-7/7t) 程度。

・e/g搭載の場合の振動防止の工夫を施すこと。

愛称
「コンドル」